SDGs(持続可能な開発目標)とは?

About SDGs

持続可能な開発目標(SDGs)とは、2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として、2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標です。17のゴール・169のターゲットから構成され、地球上の「誰一人取り残さない(leave no one behind)」ことを誓っています。現在では、日本でも積極的な取り組みが行われており、当社はこの持続可能な開発目標の達成に向けて貢献していきます。

SDGs

SDGsに対する当社の取り組み

Our commitment to SDGS

質の高い教育が受けられる環境の提供に取り組みます

新たなICTによる第4次産業革命の実現がもたらす「Society 5.0」の社会。近年、学校現場においてもICTの活用はますます活発になっています。ICTは子どもたち一人ひとりの学習活動の進度や関心を見える化し、「主体的・対話的で深い学び」を支えることができます。未来の社会を担う子どもたちが、これから求められる資質・能力を身につけられるよう、より良い環境の提供を目指します。

質の高い教育をみんなに

住み続けられるまちづくりを

だれでも「プログラミング」に触れられる機会の提供

2020年に小学校で必修化教育となった「プログラミング」。だれもが平等にプログラミングを体験し、学べる環境を提供できるように山口県内の地域交流センターを活用し、プログラミング体験教室を無料開催しています。

プログラミングスクールの運営

これからの時代に必要なITスキルを小学生のうちから身に着けることができる教育環境を提供しています。

教育現場(学校や教育関連機関)のICTを支援

生徒や先生が使用するPC・タブレット、電子黒板の導入、保守サポートを行い教育現場のICTを支援しています。また、教育現場にICT支援員を配置しています。

いきいきと働ける社会の実現

多種多様な働き方ができるようテレワーク勤務制度の導入や業務効率化のための取り組みを進めています。会社を支えてくれる従業員全てに感謝し働きやすい環境の整備を行っています。また、地元からの採用を積極的に行い、山口県を支える人材の育成に努めます。

すべての人に健康と福祉を

働きがいも経済成長も

人や国の不平等をなくそう

住み続けられるまちづくりを

テレワーク勤務制度の導入

テレワーク勤務を導入し、多種多様な働き方に対応しています。

健康経営への取り組み

社員が心身ともに健康で活力ある日々を過ごすとともに、​幸せな生活が実現できるよう組織全体で健康増進に取り組んでいます。

地元出身者の積極採用

当社のプログラミングスクールで、山口県を支える人材の育成をしています。また、地元出身者の積極採用を行い、住み続けられるまちづくりに貢献します。

安心・安全なIT環境の構築と運用をサポートします

テレワークが進み、企業を狙うサイバー攻撃は、急激に増加し、手口も巧妙化しています。また、PCの紛失や盗難、不正な情報の持ち出しなど、社員1人1人のセキュリティー意識に起因する情報漏洩も多くなっています。あらゆる組織にとって、重大な価値を持つ情報資産を適切に管理して守ることは、避けては通れない課題だといえます。当社は、企業の情報セキュリティー対策に関するアドバイスを通して、IT環境の安全な運用を支援し、産業と技術革新の基盤をつくる活動を支えます。

産業と技術革新の基盤をつくろう

住み続けられるまちづくりを

パートナーシップで目標を達成しよう

情報セキュリティ対策診断サービスの提供

情報セキュリティ対策診断サービスを提供することで、企業内の情報漏洩事故につながる恐れのある箇所を指摘し、是正を促すことで、企業が安心、安全に活動を行えるよう支援します。

情報セキュリティモラル研修の提供

社員1人1人の情報セキュリティに対する考え方を見直し、時代に合わせたセキュリティ知識を身につけ、適切にITツールを扱うことができるよう情報セキュリティモラル研修の提供をしています。

RPAやAIを活用した生産性向上や業務効率化を推進

RPA(ロボティックプロセスオートメーション)による業務の自動処理やAI(人工知能)を活用したデータ分析など新たなテクノロジーを取り入れることで様々な業界の生産性向上や業務効率化を推進します。

企業間連携(パートナーシップ)の強化

ビジネスパートナーとして、個人事業主の方や企業との連携を強化し、より質の高い商品・サービスを提供できるよう体制構築を行います。

ITツールを活用し環境保護・保全活動に取り組みます

ITツールを導入し、電子化を進めることで、環境保護、保全活動に取り組みます。自社での取り組みだけではなく、当社のオンライン化支援サービスを通じて、他企業全体に普及する活動にも力を入れています。

陸の豊かさも守ろう

オンライン化支援サービスの提供

テレワーク導入、オンライン会議システムの導入、VPNの構築など、当社のオンライン化支援サービスを普及させることによって、企業のリモートワークやオンライン化を促進します。企業がオンライン化することによって、資源の削減や温室効果ガス排出削減に貢献します。

社内システムのオンライン化を進め、紙資源削減

電子契約システム、電子請求書の導入、オンラインを活用した会議やメール連絡を中心とし、印刷物の削減・ペーパレス化をすることで資源の削減に貢献します。